top of page
case_img_03_edited.jpg
bauen
​アイムホーム標準仕様のお家

アイムホームがご提案させていただく、標準仕様のお家をご覧ください。

チャネルオリジナル社製
垢フローリング
フローリングの木材には​チャネルオリジナル株式会社のユニシリーズを使用

ユニシリーズの特徴

重厚感があり、はっきりとした力強い木目が特徴

栗は、その堅牢さから鉄道の枕木にも使用されるほどの頑丈さと重みを持っています。はっきりとした力強い木目が特徴であり、その風格ある表情は、どんな場所にも存在感を与えます。

P1020746_0812.jpg
硬質発泡ウレタン
アクアフォーム
断熱材には吹付け施工で隙間のできない硬質発泡ウレタンの「アクアフォーム」

アクアフォームの特徴

水から生まれた、環境に優しい断熱材

水を含むポリオールとイソシアネートを混合することで発生する炭酸ガスを発泡剤として使用する、人と地球にやさしい硬質ウレタンフォーム素材です。

現場での発泡施工だから細部の隙間も解消

無数の細かい連続気泡で構成された硬質ウレタンフォームは、グラスウールlOKの約40%UPの断熱効果を発揮。自己接着力も高く、細部への施工が可能です。

また、繊維系断熱材に比べ透湿性は低く躯体内の結露を抑制するため、建物の耐久性を高めます。

粗原料から施工まで一元管理された確かな品質

ISO9001取得工場での製造、販売、そして現場での施工を一元管理することにより、低コストで高品質な製品を安定供給。品質パトロールカーによる施工後の確認も実施し、品質をさらに向上させています。

揮発性有機化合物等を含む特定建材には指定されていません

シックハウス対策の一環として、厚生労働省ではホルムアルデヒドやアセトアルデヒドなどの揮発性有機化合物について濃度指針値を定めていますが、アクアフォームは特定建材には指定されていません。

建築物省エネ法にもフレキシブルに対応

2016年4月1日より段階的に施工されている建築物省エネ法。2020年までに標準的な新築住宅でZEHの実現に向けてもアクアフォームならフレキシブルな対応が可能です。

9c938d082ac0512581618cb17369902f-pdf.png

アクアフォーム総合カタログもご覧ください

アクアフォームの詳細はPDF形式のカタログにてご確認ください。

クリックすると新しいタブでカタログが開きます

アクアフォームカタログ-1.jpg
アクアフォームカタログ-7.jpg
サーモスL-pdf.png
高性能ハイブリッド窓
サーモスL
アルミと樹脂、2つのフレームの良さを融合し、冬は暖かく夏は涼しい快適な暮らしを実現

窓の高性能化を実現する3つの技術コンセプト

フレームをスリム化しガラス面積最大化

窓の断熱性能を高めるためには、熱を通しやすいフレームを小さくし、熱を通しにくいガラス面を大きくする必要があります。
サーモスは、アンカー式グレチャンを採用することで、ガラスとフレームを一体化。

フレームの極小化とガラス面積の最大化により、優れた断熱性能を実現しています。

高断熱を追求しガラス高性能化

2枚のガラスと中空層で断熱効果を高める「一般複層ガラス」と、特殊金属膜の効果で一般複層ガラスの約2.0倍の高い断熱性を発揮する「Low-E複層ガラス」の2タイプをご用意。

オプションで、熱伝導率の低いアルゴンガスの封入も可能です。

ハイブリッド構造でフレーム高性能化

室外側に耐久性や強度に優れたアルミを採用し、雨、風、日差しによる劣化を防止。

室内側には断熱性に優れた樹脂を採用し、熱の出入りを抑えます。

日本の窓を、変えるトステムサーモスLカタログ

サーモスLの詳細はPDF形式のカタログにてご確認ください。

クリックすると新しいタブでカタログが開きます

サーモスL-pdf.jpg
サーモスL-pdf (1).jpg
制震デバイス
お家まるごと
制震シェルター
ハイブリッド構造で揺れに「耐え」て「吸収」。独自の揺れ幅解析により地震時の安定性を確保し、住宅を守ります。

お家まるごと制震シェルターの特徴

image37.jpeg

ハイブリッド構造ダイナミックファスナー®

震度7の揺れを95%以上軽減できるダイナミックファスナー®の制震力の秘密は、金属を高減衰ゴムで覆ったハイブリッド構造にあります。
高いエネルギー吸収性能を持つ高減衰ゴムを金属本体と立体化したブリッジ内部に充填することでゴムの粘性減衰により震度4までのエネルギーを吸収します。そして、8本のブリッジが履歴減衰により震度5以上の地震エネルギーをさらに吸収するため、振れ幅95%以上を実現しました。

image37.jpeg

地震で倒壊する家ゼロを目指し、3大学の教授が共同開発

ダイナミックファスナー®は「地震で倒壊する家をゼロに」を目的に、西日本大学と早稲田大学、横浜国立大学の教授が共同開発した制震デバイスです。阪神淡路大震災時の揺れを再現した振動台実験などさまざまな検証を行い、くり返し起きる地震にも耐えうる制震デバイスを完成させました。
2022年に開催された「Japan Home & Building Show」では、建築家が選ぶ優れた建築を生み出すことに貢献しうる製品に贈られる「みらいのたね賞」も受賞しました。

image37.jpeg

日本製の安心品質・高耐久
100年長持ちの耐久性を実現

いつ発生するかわからない大地震に安心できる家づくりを実現するために、ダイナミックファスナー®のビス1本、ゴムすべてにこだわり、高品質・高安定性を確保しました。
高減衰ゴムはビル用免震で使用されているものと同じゴムを使用しており、促進劣化などの高耐性実験を行いビル用免震と同じ60年間の耐久性を確認しています。
ビスもすべてZマーク付きの日本製にこだわり、金属部分はすべてゴムで覆うため、腐食も防ぎメンテナンスフリーで、家を建てた後も安心が続きます。

導入事例

免震高減衰ゴムは歴史的建造物の修復で使用されたものと同等のものを採用しています。

東本願寺

熊本城天守閣

ZEHbuilder_logo_copy.jpg
ZEH-TITLE_.jpg
「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」とは家庭で使う消費エネルギーより、 住宅で作り出したエネルギーの方が多い、もしくはその差が年間を通すとゼロになる、 エネルギー自給自足する住宅の事です。
「省エネ」効果のある設備を選び、太陽光発電などでエネルギーを創り出す「創エネ」、 また、エネルギーの消費状況を見ることができる「HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)」を 組み合わせてエネルギーゼロ以下を目指します。

ZEHのポイント

省エネルギー

断熱・機密性能の向上と通風採光性に配慮した設計により、エアコンの効き目が大幅に上がります。より環境に優しい設定温度や短時間運転でも快適に。最新省エネ機器の導入と組み合わせ、エネルギー消費を抑えます。 

創エネルギー

高効率の太陽光発電システムを搭載し、太陽のエネルギーで電気をつくります。当社は早くから太陽光発電住宅に取り組んできたため、多くのノウハウに裏付けされた"創エネ"の形をご提案いたします。

ヘムス

ヘムスとはHome Energy Management Systemの略称で、リアルタイムでどれだけエネルギーが消費されているのかを見ることができ、エネルギーの無駄が分かります。家族の節電への意識も高まります。 

アイムホームはZEH普及率目標を右の通りに定めて、お客様に満足いただける住まいづくりを目指しております。

ZEH2023_edited.png
Panasonic
ソーラーパネル
パナソニックパートナーズだからできる初期費用0円で太陽光発電システムをリースで取付け!パネルはもちろんリース完了後に無償で譲渡!
電気ドリル作業
アイムホームでは標準仕様のbauenよりもカジュアルなプランとしてPATRIEとCarreの2種もご用意しております。

帰りたくなる家

シンプルな箱型二階建て

bottom of page