casa amare


伝統美と最新技術から生まれた家、『casa amare』


・伝統と革新が融合した美しさ

伝統的な美しさと、最先端の強さを両立する家。

100年の年月を経てなお美しさと豊かさを損なわない家。


・大和比の美しいバランス

日本の建築美の原点である「大和比」に発想を得た住宅。

大和比とは、もっとも美しく安定した形を生み出す比率、白銀比のこと。

大和比が実現できるのは、平屋造りならでは。

しかし、何回もデザインを見直しながら開発が進められ、美しさのバランスを損なうことなく、

二階建ての住まいをつくることに成功。


・日本建築が愛した自然素材

自然素材も注目するポイント。

床材は30㎜厚の杉の無垢板。外壁も一面杉板。

材質が柔らかく保湿性や調湿性にも優れた杉は、日本建築材料の定番であり、

シックハウス症候群とは無縁の健康建材でもあります。

内装には、珪藻土などの天然素材を原料としたモイスをしよう。


・ゆとりある暮らしを実現する間取り

平屋と二階建てのいいとこどりのcasaamare

どこにいても家族の会話や気配を感じられて、自然とコミュニケーションをとることができます。

バリエーションに富んだ柔軟なプラン設計が可能となります。


・日本建築の粋が生み出すくつろぎ

空間を隔てつつも完全に拒絶はしない。

閉ざされる感じがしない安心感。

自然の光を表情豊かに透過し、閉ざされる感じがしない安心感が、

くつろぎと心地よさを生み出します




アーカイブ
タグクラウド