Mur

Blanc

南欧風プロヴァンススタイル住宅

外壁が爽やかな風を感じさせる

外観だけでなく

高い性能で快適な住まいを実現

内壁まで漆喰で統一され、見た目の美しさだけでなく、湿度を自然調整する機能美も兼ね備えています。

その他多くの仕様により、上品な見た目からは想像もできないほどの高い性能を発揮。快適な住まいを実現しました。

こだわりの自然​素材をふんだんに使用

自然素材は住む人の健康を守るだけでなく、調湿効果や断熱効果が高いのも特徴です。
断熱性が高く体に安全で住む人が末永く健康で幸せに暮らせるような住まいの提供を目指します。

自然素材を取り入れ、断熱性の高い家は光熱費の削減にもなり、からだにも家計にも優しい家づくりができているのです。

プロバンス風の贅沢に漆喰を使用した気持ちよいほど美しい白壁、また見えるところはもちろん、見えない部分、細部までこだわりぬいた素材、建材を標準仕様としています。

Mur

Blanc

 

ミュールブランの標準仕様

自然素材・耐震構造・高気密高断熱、ミュールブランはそれら人気の仕様がすべて標準で備わっています。

標準仕様

無垢材・自然素材

こだわりの無垢材や床材、漆喰などをふんだんに使用しており、安心して生活いただくことができます。

 

オスモオークフローリング

  • 希少性の高い素材で、楽器や家具にも使用されるほどのものです。

    個性的な木目や色調から、感性に響くあなただけの一枚に出会えます。

    厚さ21mmもの天然木を人肌に気持ちよく贅沢に加工されており、素足で歩けば木の温もりや弾力性、重厚感を感じていただけます。

    ​贅沢な素材
  • 一般的なウレタン塗装と違い、木に浸透する自然塗料オスモカラーを塗装。調湿機能を活かすことで夏はべたつかず、冬は暖かくお過ごしいただくことが出来ます。

    自然塗料オスモカラーの撥水力は木を汚れから守り、普段のお手入れは水拭きで美しく長く保ち続ける事が可能です。末永く、風合いを増しながら美しさを保ちます。

    自然塗料
  • ミュールブランシリーズで採用しているオークは、和風空間にもフィットする重厚感のあるフローリングナラ、ミズナラともいわれドングリの樹としても親しまれています。

    どんなインテリアにも馴染みやすく和風空間にもよくフィットするのが特徴です。

    ​万能性

エスタコウォール

  • エスタコウォールは中世から続く、ヨーロッパ伝統の塗り壁材です。 石灰石が主成分の自然素材のため、室内壁・外壁の全てに使える理想の塗り壁材です。

    安心・安全はもちろんのこと、これまでにない優れた性能と施工性、そして抜群のメンテナンス性を持ち合わせています。

    ヨーロッパ漆喰
  • ESTUCOWALL(エスタコウォール)の特徴

    1.夏は涼しく、冬は暖かい。呼吸するやさしい壁の家。

    2.カビや細菌を抑制してクリーンな空間。

    3.類似品を遥かに凌ぐ厚みと性能。

    4.長期視点でのコストパフォーマンス大

    自然素材
  • エスタコウォールはシックハウス症候群の原因といわれるホルムアルデヒドやVOC揮発性有機化合物(トルエン、キシレン等)を吸着し、シックハウス症候群やハウスダストなどの発生原因となるカビや細菌の発生を抑制して、快適な暮らしを実現します。

    健康面

標準仕様

耐震構造

 

地震に強い建材モイスTM、摩擦減震パッキン(​地震の揺れを半分まで減らす金具)を採用。

MOISS TM

  • 主に、天然素材のみで造られているため、有害物質を含みません。

    モイスTMは無機素材なので火災に強く、木の様な粘り強さで地震の揺れや風圧なども受け止め建物を守ります。

    モイスTMは、9.5mm厚で壁倍率3.8倍等の認定を取得。優れた耐震性が住まいを守ります。

    自然素材
  • 地震で建物に生じる力を負担しているのは、柱や梁ではなく耐力壁と言われる部分です。耐力壁の強さを表す言葉を壁倍率といいます。壁倍率1の場合、約​200kgf/mの体力をもつ壁で、この数値が大きいほど強い壁材ということになります。

    モイスTMは壁面が一体となって外からの衝撃を分散させる耐力面材です。柱や梁や筋かいだけで支える場合よりも、家の強度が高くなります。

    地震に強い
  • モイスTMは主に無機質系材料で構成されており、白蟻が好む成分を含まない為、特別な防蟻処理(長期優良住宅の劣化等級3の防蟻処理)を行わなくてもシロアリ被害を抑えることができます。

    ​シロアリに強い
  • 高い気密性を持つモイスTM。石膏ボードや合板に比べ夏の熱気や冬の冷気の侵入をより防ぎ、年中快適な生活ができるよう手助けします。住まいをより快適に省エネにします。

    熱気冷気の侵入を防ぐ

標準仕様

高気密高断熱

 

ミュールブランは、こだわりのセルロース断熱を採用。見えなくなってしまう所だからこそ安心で長持ちする自然素材を妥協なく惜しみなく使用します。

アップルゲート社セルロース断熱

  • 自然素材

    当社が採用するのは、アップルゲート セルロース断熱。材料は自然の木の繊維。アメリカの新聞を使用しています。

    一般的な断熱材はグラスウールです。このグラスウールはガラス繊維をフェノール樹脂(ホルムアルデヒドが原料)というもので綿あめのように膨らませている断熱材です。当然化学物質が揮発して室内の空気環境を悪くします。また、ガラス繊維の為、湿気を吸ったりはいたりする調湿作用がありません。
    結果的に見えない壁の中でカビが発生しやすくなります。その発生したカビもまたシックハウスの原因になります。快適さと家族の健康のために、断熱材は、是非自然素材のものをお選び下さい。

  • 断熱性

    セルロースファイバー断熱材は他のファイバー系断熱材より断熱性能が高いだけでなく、吹き込み施工を行うため、セルロースファイバーを偏りなく隅々まで充填することができ、断熱・防音の性能を最大限に発揮します。
    セルロースファイバー断熱材使用の建物は、グラスウール断熱材使用の建物に比べ、暖房のためのエネルギーが少なくて済み、その断熱性能は、グラスウールと比べより優れているのです。

  • 耐火

    アップルゲート セルロース断熱は、独自の耐火加工と高密度施工で、燃えにくい断熱層を作ります。防虫・防カビ剤として使われているホウ酸にも防火作用はありますが、アップルゲート セルロース断熱はホウ酸に加え、米国特許のPF24という人体に無害な液体耐火剤を使用しています。

    乾性のホウ酸を材料に混ぜるだけでなく、液体耐火剤をセルロース繊維の中まで浸透させることにより耐火性能を格段に向上させています。アップルゲート セルロース断熱は、JIS A 1321に規定する難燃3級表面防火試験に合格。さらに、アップルゲート セルロース断熱の外壁は、国土交通大臣により防耐火構造であることが認定されています。また、万一火災の場合でも有害物質を発散することはありません。

  • 熱気冷気の侵入を防ぐ

    アップルゲート セルロース断熱は、吸音性のよいセルロースを隙間なく施工することで、非常に優れた防音性能を発揮します。

    音に関する感覚は極めて主観的で、数値では判断し難いものですが、アップルゲート セルロース断熱は衝撃音の吸収力が優れていることが試験で実証されています。
    外周壁・天井・床下に加えて、2階の床と間仕切壁の断熱をすることで、戸外の騒音や階上の音の軽減、二世帯住宅でのプライバシーの保護など、生活の質が向上します。

標準仕様

ハイブリッド軽量瓦

 

洋瓦のスタンダードを目指し生み出された、ハイブリッド軽量瓦「エアルーフフレンチ」を使用。その完成されたデザインは、ひとつの街の表情さえ変えるほどです。

エアルーフ フレンチ

  • 防水性の秘密は、高い寸法精度。屋根に葺いた時の密着性の高さが雨水を寄せ付けません。
    防水性は、製品の均質性で決まります。陶器瓦は製法上、まったく同質にはできないため、「口空き」と呼ばれる隙間が発生し、雨風の進入をゼロにはできません。高精度のエアルーフシリーズは、瓦1枚1枚が密着することで、「口空き」を解消。また、独自の防水堤構造で、わずかに進入した雨水も瓦裏までたどりつくことはありません。

    防水性
  • 最大時間雨量200mm・最太風速60mの暴風雨を再現する実証試験場にて、漏水量の検証を実施。一般的な陶器瓦と比較するとその量はわずか300分の1と極めて低い漏水量を記録しています。

    暴風雨にも強い
  • エアルーフシリーズは、瓦本体はもちろん、施工技術も常に進化し続けます。
    最新の施工技術の成果は試験機器で繰り返し検証され、「工アルーフの屋根」にフィードバックされています。

    オートグラフによる引っ張り強度試験結果により、エアルーフは一般陶器瓦に比べて1.3倍以上の強度を確保していることが実証されています。

    高い強度
  • 耐風・耐震性能を高めるために、特殊釘やクリップ、割れる可能性のある素材形状の防災フックを使うことなく、
    対角2点止め工法が、ガッチリと軽い瓦に強い緊結力を確保することができます。

    対角2点止め工法

標準仕様

小屋裏換気システム

 

24時間連続して換気を行い、強制換気された室内よりも気圧を下げることで、化学物質や湿気が室内に流入するのを防ぎ、安全な住環境を作る「風之介ブロワー24」を使用しています。

風之介 ブロワー24

  • 小屋裏にこもった熱気は、夏の冷房効果を低下させたり、建築材からホルムアルデヒドをさらに発散させ、それが室内へ流入し、シックハウス症候群の原因を作ります。
    また暖房や冷房による室内と床下・小屋裏との温度差が、 結露や湿気の原因になり、住まいに悪影響を与えます。
    いつもは見えない小屋裏や床下の換気が、住まいと家族の健康の重要なポイントなのです。

    換気の重要性
  • 小屋裏にこもった熱気はふく射熱として室内の温度を上昇させ、冷房効率を低下させます。

    小屋裏を換気すると小屋裏構造材にたまる蓄熱が低くおさえられ、とくに日没後の冷房効率がアップします。冷房の過剰使用を減らし家族の健康にも、電気代の節約にも役立ちます。

    冷房効率アップ
  • 小屋裏の温度変化は室内と小屋裏との温限菩を生じ させ、結露を発生します。

    とくに熱伝導率の高い軽量 鉄骨構造では結露が発生しやすくなります。

    結露は天井のシミカビを発生させ、また木材を含むと強度が低下するため、台風などで屋根が損壊するなどの事故も起こっています。

    小屋裏の空気を活発に動かし温度差をおさえることで、結震の原因を取り 除き家屋を長持ちさせることができます。

    結露をシャットアウト
  • シックハウス症候群の原因となっているホルムアルデヒド、VOC(揮発性有機化合物) は合板、接溢剤などに含まれており、温度が高くなると発散され室内への流入が考えられます-小屋裏換気扇は高 い換気能力で小屋裏のホル ムアルデヒド、VOCを強力に屋外へ排出し、家族と住まいの健康を守ります。

    家族の健康もサポート

標準仕様

熱交換気

 

熱交換気は、排気の際に汚れた空気と一緒に捨てていた熱を給気時に回収して室内に戻します。熱回収により空調負荷を軽減でき、冷暖房コストを抑えます。また、冬期では冷たい外気を室温に近づけて給気するので、冷たい空気が侵入する不快感を防ぎます。

熱交気調システム

 
  • 春秋の室内外の温度差が小さいときは、給気風量はそのままで、排気風量を絞った運転で消費電力を抑えます。

    冬場は外気温が室内の温度より低くなり、すき間風などの自然換気が増えます。換気システムによる換気量(給気・排気量)を減らして消費電力を抑えます。

    ECO運転
  • 室内に取り込む空気量を変えずに、排出する空気量を減らすことで、室内の空気圧が高まり、家のすき間などからの花粉や粉塵(PM2.5)の侵入を抑えられます。

    気圧をコントロール
  • 冬場の乾燥や結露を抑えるために、室内外の温度差と室内湿度により、熱交換気風量を0.5?0.3回/hで調整します。

    室内湿度で風量を調整
  • 風量一定制御機能により、ダクトの長さや曲げ、外風圧に左右されず安定した換気量を確保できます。またDCモーターを排気用と給気用それぞれに搭載。給排気量を同一に保つことで住宅全体の温度交換効率の向上にも貢献します。

    給排気量を最適化

バーチャル内覧

その場にいながらモデルハウスの内覧を体験できる「360°バーチャルツアー」

 

アクセス

住所:菊池郡大津町大字室字狐平1521番4

※新しく開発された住宅地のためGoogleMAPでは道路が表示されておりませんが、実際は通行できるよう整備されています。

幹線道路からモデルハウスまでの目印

  • 翔陽高校さん、ブリジストンタイヤさんの交差点からお入りください。

    電柱にアイムホームの看板を設置しております。

    ​①

  • 道なりに進み左手に砂利の駐車場、右手に白いフェンス見える交差点から左折してください。

    ​曲がり角に看板を設置しております。

  • 住宅街を直進すると左手の電柱に看板が見えて参りますので、そこから右折してください。

  • 右折後すぐに看板が見えますので、そちらを左折してください。

    DSC_0550_R_.jpg

  • 左折後に少し直進していただくとモデルハウスが見えて参ります。

    DSC_0538_R_.jpg

 
開催予定のイベントはありません
 

お問合せ

平日  9:00~18:00
土・祝 9:00~18:00

営業時間

お預かりする個人情報はお問い合わせに対するご連絡のみに使用し第三者への提供を行うことは一切ございません。

株式会社アイムホーム|ミュールブラン

株式会社アイムホーム

©2019 I'M HOME All Rights Reserved.